むくみ

むくみが腎臓心臓の疾患が原因の場合

体の気になる症状のひとつにむくみがあります。
朝起きたと気に顔がむくんでいる、目が腫れぼったいという症状、脚のむくみなどは多くの人が悩んでいる症状です。

そして、むくみの中には何らかの疾患が原因となっているものもありますので、むくみがひどいときには健康状態のチェックも行なっておきましょう。

むくみ腎臓心臓に問題がある場合もあります。腎臓は老廃物を排出するという大切な働きがありますが、腎臓に何らかの異常がある場合はナトリウムの排出がうまくいかず、体に余計な水分がたまってしまうことになります。
腎臓が原因している場合は顔に出やすく、特にまぶたのむくみは特徴的です。

下肢や足のむくみは心不全のときによく発生する症状です。心臓が悪くなると全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能が低下してしまいます。足がむくむので歩いていてもだるい、肺にうっ血が起こるので息苦しいなどの症状も現れます。
そして浮腫の増加は体重の増加として現れることもあります。

むくみの改善にはリンパマッサージやカリウムの摂取が効果的ですが、むくみ腎臓心臓などの病気が原因している場合はその疾患を治療することが大切です。
気になる症状があれば診察を受け、適切な治療で改善させていきましょう。

 

ふくらはぎが痩せない人が知っておくべきむくみ対策法