下半身痩せ

足痩せダイエットにおすすめの自宅でできるエクササイズ方法

足痩せダイエットにおすすめの自宅でできるエクササイズ方法を紹介すると、それは足パカエクササイズというものです。実に簡単で、効率よく足痩せが実現できます。やり方は簡単で、足をパカパカと開いたり閉じたりするだけです。特に太もも痩せやむくみに効果的です。まず、仰向けに寝ころび、手は体の横にそえます。その状態で足を天井に向けて持ち上げ、床と足が垂直になるようにします。両かかとはくっつけるようにし、つま先は外側に向けるようにします。そして脚を持ち上げたままの状態で、大きく左右に開くようにします。開いたらゆっくりと閉じるようにして元の位置へと戻します。簡単な動作ですが、太ももの内側に力を入れる感覚でゆっくり行うと効果的で、開いて閉じる動作を1回30~50回くらいを目安に繰り返します。自宅で足痩せダイエットするなら、乙女エクササイズもおすすめです。頬杖をついて足をパタパタさせるだけなので、簡単にできます。うつ伏せになって頬杖をつくポーズをとり、膝を曲げて足をL字型持ち上げます。その状態で左右交互にお尻を叩くようにして振り下ろすだけです。30~100回くらい続けると、骨盤の周りの筋肉ほぐし、太もも痩せ効果が期待できます。

メタボリックシンドローム対策

下半身痩せ

太ももはなぜ太りやすい? 

昔、運動していたから下半身がぽっちゃりしちゃって。と言う人がいますが、そればかりが太もものぽっちゃりの原因ではありません。確かに、運動の種類によっては下半身ががっちりする場合もありますが、その運動を辞めてしばらくしているのであれば、運動が原因だと言い切ることはできないでしょう。太ももは心臓よりも下にある部位のため、血行不良を起こしやすく、脂肪が蓄積されやすい性質を持っているため、運動が足りていなかったり、高カロリーの食事を摂りつづけるなどすると、あっという間にぽっちゃりしてきます。

むくみなどの影響も出やすいため、太るというよりも丸くなりやすい性質の部位なのです。また太もも太りは血行不良や基礎代謝などを改善することで解消できることも多く、太ももは生活習慣や食生活などと深く関係を持っている部位でもあるのです。また、むくみは骨盤などの骨格が歪んでいることで起こっている場合もあるので、体の歪みを治す事で太ももすっきりさせることが出来るケースもあります。確かに太りやすい部位ではありますが、全く改善策が無いわけでもないのが太ももなのです。

太ももを痩せるためには?

下半身痩せ

ダイエットが成功する人とそうでない人の違いとは?

ダイエットが成功する人とそうでない人の違いは、どこにあるのでしょう。成功するか失敗するかは、もちろんダイエットのやり方も影響しますが、大きな要因は素直さにあります。素直に実践する人は、結果が出やすいと言います。教えられたことをそのまま実行しないで自己流でする人は、結果の出るスピードが遅くなります。

自己流で上手くいかない人は、セミナーなどを受講して、一度言われたことをそのままやってみることです。とにかく信じてやってみることです。ダイエットが成功しない人は、心の弱さがあります。心の中で失敗する方向へと進もうとする意識があるのです。潜在的にそうした意識が働いていると痩せることはできません。

 

潜在意識がその人の体型を決めているのです。ダイエットで成功する人は、何が何でも痩せてやるという信念を持っています。つまり、ダイエットに対する意識が違うのです。考え方を変えれば、確実に痩せることはできます。痩せてやるという意志があれば、どんなダイエット法でも、しっかり実践していくことで痩せていきます。要は、どれだけ心の深い所で痩せたいと思っているかどうかです。

下半身痩せサプリ【みんなが選ぶサプリと下半身痩せ法】

下半身痩せ

下半身痩せにはリンパマッサージ    春から夏にかけてかわいいスカートやホットパンツを履きたい。水着も着たい。ダイエット、脚痩せに向けて頑張っている女性を応援したくなりますが、日頃の習慣を変えれば成功します。隠しきれないふくらはぎをダイエットするには、まず、実行したいのがリンパマッサージです。

リンパは老廃物を流す働きをします。リンパを流す事で数センチふくらはぎを細くする事ができます。入浴中も血液循環が良くなったときにふくらはぎを上下に揉みほぐします。左右にも揉みほぐします。するとリンパの流れがよくなり脚に溜まった老廃物を上へと流しふくらはぎ痩せ効果があります。次に、どこでも出来る背伸び運動がおすすめです。とっても簡単!スローで背伸びをしてスローで戻る。これを家事の合間や休憩時間などにストレッチするだけで更にふくらはぎ痩せが期待できます。

この方法はふくらはぎ痩せに定番のストレッチですので毎日頑張りましょう。次に、歩き方です。3つんも中ではコツが必要な部分です。だいたいの人は歩き方に問題ありです。正しい歩き方をマスターすればふくらはぎは簡単に痩せると言われています。

ベタベタと歩いたり引きずって歩いている人がほとんどですが、正しい歩き方は、背筋を伸ばし踵から着地してつま先で地面を蹴る。ふくらはぎの筋肉が伸び縮みしてふくらはぎの形をよくします。ただ、細いより形の良いふくらはぎを目指しましょう。